オタク週末旅行<城崎温泉・大阪ポタリング>

1年前の記事はこれ。
底土港近辺、レンタサイクルの営業所に向かう道中にて 一人旅についてもここで少し語ろうと思う。まず要約 八丈島で何をするのか? A...
システム開発を行うエンジニアは一般的にGWの祝日に関しては勤務の必要がなく、全て休暇として充てられます。つまり暇です。

なので去年は八丈島に一人旅しましたが、今回は関西に自転車を持っていって、温泉に行ったり南大阪をのんびりサイクリングしてみました。
これは自転車です。部屋が散らかっているのは気にしない。

折りたたみ自転車を持っていなかったのでY’sRoad等の自転車屋で折りたたみ自転車を物色した後、結局ヤフオクで中古のDAHON Metroという自転車を落札後カスタマイズしました。
元から結構手が入っていたので照明類とホイールの調整くらいですが、5万円以下で揃えるものとしては新品のDAHON Routeを買うより中古の型落ちDAHONを買うのがベターだと思いました。
  • ハンドル・ホイールがちゃんとしていること
  • サビが出てないこと
  • パーツは交換されていること
なぜ「パーツは交換されていること」が良いのか?それは5万円前後の自転車にマトモなパーツは載っていないからです。
ホイールが交換されていることから恐らく走行を考慮してメンテされている、と推測して落札しましたが、それらが画像から分かればヤフオクで買うのもアリだと思いました。
で、コイツを新幹線に乗せて(いわゆる輪行)大阪まで行ったのですが以下所感。
  • ペダルは折りたたみか外しやすいものがいい。邪魔
  • 10gでも軽くすると心の余裕が生まれる
  • 輪行袋はYoutubeで予習するんじゃなくてちゃんと試す
  • 時間には余裕を持つ。手練が1分で梱包するところをお前は5分掛ける
まず第一にペダルが邪魔だった。
輪行バッグに入るから良いかと思っていたものの、持って運ぶ際にはサドルが折り畳めない・はずれない状態だと足に当たって痛いし無理な姿勢で運ぶ事になる。

あとはまあ…時間に余裕を持ったほうが良い。
6:00発の新幹線に乗った後はお弁当を食べたり
旅先でもひたすら食ってました。これらはすべてお腹の脂肪に…
さて、野々村竜太郎・元兵庫県議員が104回訪れたことで有名な城崎温泉ですが、連なる温泉旅館に対して7つの外湯があり、宿泊者は無料で施設を利用できるというサービスがあります。

城崎温泉観光協会|七つの外湯めぐり

私は「さとの湯」と「鴻の湯」に入りましたが、さとの湯は所謂スパという感じの施設で露天風呂は控えめ、鴻の湯は湯の温度や質が好みでとてもリラックスできました。
とはいえ、山中にロケーションしているわけではないので露天風呂から見える景色は期待しないほうが良いです。

で、折角だからと城崎マリンワールドにも行ってみました。
入館料2,600円ですがちょうどオープンした日和山海岸ミュージアムという施設も見学でき、非常に満足度が高い。
水族館を真面目に見るという体験が久しぶりのせいか、イルカショーで仕草ごとに報酬(餌)を与えるスタッフとイルカのやり取りや、細かい所作がとても印象に残った。

日和山海岸ミュージアムと呼ばれる展示館は1フロアを使った「生き物の飼育と繁殖、水族館で飼育を続ける意義」のようなテーマに対して無機質な白と凹凸を活かした展示物がポツンとあるだけで、一見して退屈な展示に見えたが、その実は考えられた文字と誘導でそのテーマに対して突き詰められた哲学を投げかけてくる非常に重い感情を受けた。

月並みの感想ですが、生き物が好きな人がこの展示を見ると、動物を飼育して展示する人たちに対する印象がまた変わってくるはず。

城崎温泉に一泊→午前中に城崎マリンワールド→城崎温泉駅で飯食ったり色々見て帰る、というモデルケースを発掘したのでオタク週末旅行を計画している方はぜひ。

さて、温泉旅行を終えた後も引き連れた自転車が予定を無限に生み出してくれます。すごい!

自転車、JR大阪駅の手荷物預かり所で2泊3日(本当は1泊2日だが営業時間が午後8時迄のためにオーバーステイになった)の3,000円コースだったのですが他の良い預け方はあったのでしょうか?
本当はコインロッカーに入るような折りたたみ自転車なら良かったのですがDAHON Metroは微妙にサイズオーバーで、駐輪場に24時間以上止めてたら幾ら安い自転車でも盗難リスクは高まるし……と色々悩んでいたのでこれは引き続き考えたい所。

大阪で自転車に乗り出してからはGigazine社屋を見学したりしつつ、南下して岸和田まで。
途中で泉大津を超えて
大和田市の漁港近くにあるきんちゃく屋。
釜揚しらす丼 700yen 鎌倉ではこの値段じゃ食べれない。 小雨が降ってきたため光明池駅で無念の下車&乗車。
その後は西大橋駅のあいすべきものすべてにという歴史を刻め系列のラーメン屋に。
疲れからかまろやかで塩分強めのスープが最高でした。ごっそさんです。

その後は適当なホテルに泊まって、翌日帰京。良い旅だった
……

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする