目黒→檜原都民の森まで辿り着けなかった

あえなく挫折して帰り際の補給風景。
実は最近Elite VOLANOという固定ローラー(自転車のリアに取り付けて室内練習できるキット)を買って、持久力のトレーニングをはじめました。
30分くらいなら200Wの出力で走り続けられるので「ゆっくり挑めばヒルクライムもイケるのでは?!」と思って、都民の森にチャレンジしてみました。

スペック

現状のスキルと状態を確認する。
  • INTERMAX RAYSというアルミフレーム・カーボンフォークのエントリーバイクに5600世代の105コンポ(クランクだけULTEGRA)
  • ホイールはSpinergyのXaero LITEという1530g(多分)の軽量ホイール。
  • タイヤはコンチネンタルのGrandPrix 4000S2(23C)
  • インドア社会人でロード歴1年未満。1ヶ月前にやっと固定ローラーに乗り始めたレベル
鉄下駄FELTではなく軽量ホイールを履いたINTERMAXでチャレンジ。機材に不足は無いので言い訳は出来ない……!

都民の森の麓まで家から54km。果たして……

タイトルが語っていますが結論、駄目でした。
家から麓の檜原郵便局までおよそ片道54km。
8/3(土)の平均気温は27.4℃の夏日で家を出たのが10時過ぎ、途中で休憩を挟みながら麓に着いたのはおよそ3時間後で既に疲れ気味。
ただ、13時を過ぎて時間的な焦りも感じていたので「イケるかも?」と思いながら登坂を始めてしまったのが失敗だった。
無念のリタイア地点。
自宅から二子玉川までは駒沢通りを使い、多摩川サイクリングロードの右岸で是政橋を渡って立川まで。そこからは五日市までのルートがわからなかったので立川南通り(江戸街道)で車と一緒に1本道。
そこから適当に補給をしつつ登り始めるも、本格的な坂に差し掛かったところで「これ以上頑張ったら帰れなくなる」という危険信号を身体が感じてしまったので途中で棄権。家に帰る頃にはグロッキーだったのでこの判断は正しかったと思う。

何故登りきれなかったのか

敗因は次の3つ。
  • 夏日に走った経験が無いので脱水→給水と気温の高さに体が追いつかなかった
  • 長くても50km程度のライドしかしないので60km以降の体の動きが未経験だった
  • 水分補給のコンビニ以外走りっぱなしだったので、五日市駅や坂の手前のコンビニで30分程度の休憩をするべきだった
つまりはペース配分と身体の限界を知らなかった事なのですが、結局はスタミナが足りない……と。
五日市駅から都民の森まではおよそ90分必要なので、3時間掛けて麓まで行った後、1時間以上山を走れるスタミナに自信がなかった。

これからの目標

一応120kmくらいなら走れる事が分かったのでそれが今回の結果。
それに対して、高強度を維持できなかった欠点をZwiftを活用したトレーニングで補う。
家まで自走して帰れたので100W程度でゆったりロングライドできる体力はあるのですが、山を登るほどの強度を維持する力が無いので200Wを1時間くらい軽々維持できるくらいには力を付けたい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする