MariaDB10.1→MariaDB10.5アップグレードの備忘録

前提:Yumとか使わず本家で言うlinux-generic的なバイナリのmysqld_safeを使って起動する
# cd /data/mysqlbin
# wget https://downloads.mariadb.com/MariaDB/mariadb-10.5.5/bintar-linux-x86_64/mariadb-10.5.5-linux-x86_64.tar.gz
# tar zxvf mariadb-10.5.5-linux-x86_64.tar.gz
# ln -s /data/mysqlbin/mariadb-10.5.5-linux-x86_64/ /usr/local/maria1055
# cp -r /data/maria/ /data/maria_bk
# vim /data/maria/my.cnf
-> basedirの書き換え
# /usr/local/maria1055/bin/mysqld_safe --defaults-file=/data/maria/my.cnf --ledir=/usr/local/maria1055/bin --log-error=/data/maria/maria.err 
-> エラーログ見ながらmy.cnfの変な所を修正
# /usr/local/maria1055/bin/mysql_upgrade --defaults-file=/data/maria/my.cnf -u root -p
特に引っかかりポイントは無かった。

MariaDB10.1~10.5の差異

Current Version: 10.2.33 | Status: Stable (GA) | Release Date: 10 Aug 2020
Current Version: 10.3.24 | Status: Stable (GA) | Release Date: 10 Aug 2020
Current Version: 10.4.14 | Status: Stable (GA) | Release Date: 10 Aug 2020
Current Version: 10.5.5 | Status: Stable (GA) | Release Date: 10 Aug 2020
  • Window関数(10.2)
  • S3ストレージエンジン(10.5)
    • read onlyでテーブルをS3に追いやることが出来る。パフォーマンスはわからん
  • mysql.userテーブルが廃止されてmysql.global_privに(10.4)
JSON型使いたいな~(CHECK(JSON_VALID(col_name))したい)と思った時に10.1だと未対応だった。 仕事で使わない自宅鯖なので適当。いよいよMySQLと違う動きするようになってきたので学習コストが高くなってきたなあと感じる。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする