オタク週末旅行<八丈島>


底土港近辺、レンタサイクルの営業所に向かう道中にて


一人旅についてもここで少し語ろうと思う。まず要約

八丈島で何をするのか?

A. 特に無くて、逆説的にノープランで知らない土地をのんびり旅したかった。

GWに何故八丈島に行くのか?

A. 人が少ないから。

というのも、東京⇔八丈島までの船便が1日1本定員約800人、飛行機便が1日3本定員合計約300人と、自然と入場規制が行われているような事が行われています。

目論見では人混みを避けてのんびりした休暇を過ごす。結果としてこれは大成功だった。

結果として何をしたのか?

A. 自転車に乗って島の下半分を一周した


4月某日

GWは離島に行こうと思い、東海汽船の株主優待券をヤフオクで落札する。

大体2枚1セットで35%OFFの優待券が送料込み1600~1900円で手に入ります。僕は間違って4枚購入しました。

5/1 22:00 浜松町駅

確か12時くらいに「今日行こう!!」って思って、東海汽船の浜松町の営業所に電話して当日の二等席を確保。

東京→八丈島は1日1本しか出ていないので、公式HPを確認して22:30発(15分前には乗船できるようにしたほうがいいらしい)に合わせて家を出る。

浜松町駅からは1本大通りを歩くだけで港に着くので特に迷ったりとかはなかった。

5/1 22:30 橘丸

真っ黄色の多国籍感のある船。二等席はカーペットに硬い枕と申し訳程度のパーティションといった感じで、100円を払って薄い毛布を借りてひたすら寝てた。

橘丸では無料のWi-Fiがあるのですが昨今のインターネットボーイのおかげで混線してテキストベースのブラウジングすらまともに動かない状況なので、あまり当てにしないほうが良いです。あと揺れるから読書も無理。

5/2 9:00 八丈島《底土港》

作品が作品なら「島だーーー!!」ってきららジャンプしたくなるくらい綺麗だった。

底土港近辺の道は南国感があり、夏はサーファーが多いと調べてなんとなく納得した。

底土港から一番近いスーパー。品揃えに関しては船で食材が運ばれているのか、島の魚が並んでいるわけではなくごく普通のスーパーといった感じ。

折角なので朝ごはんにとチャイニーズチキンバーガーを買う。うめぇ

ここで意外と「島が広い」ことに気付き、各所のレンタカー屋を電話して回るも全て「当日のレンタルは無い」との返事。

仕方なく某レンタサイクル点でマウンテンバイクを借りる。2,100円。

写真右側に見える底土港から南東に向かって自転車を走らせて龍登峠へ。

ひたすら傾斜のキツいS字カーブが続く。

「ザザザザッ……ガサッ」

やせいの ニホンイタチ が あらわれた!

(20世紀に静岡に生息しているニホンイタチをネズミ駆除のため輸入したのが居着いた外来種なので、島の至る所で見れるらしい)

5/2 13:00 みはらしの湯

そんなこんなで龍登峠を登り、末吉町と呼ばれる区域で昼飯を調達したあたりで温泉の看板が見えたので向かう。時刻は1時を回った。

浴室へのスマホ持ち込みはNGだったが、島の南の何もない海を見れる大浴場を体験し、体力を回復させた所で引き続き自転車を転がす。

ぶいーん

ヒュンッ

……ここは?

これが裏見ヶ滝。

撮り方がアレだったので分かりづらいですが、滝の裏側(というか真下)を歩行して山の散策が出来るスポットになる。

が、いかんせん水の量が少ないので美しさやインパクトを求めると「ンンンッ」って感じだった。

裏見ヶ滝の近所にある古民家カフェ。

古民家といっても畳や土間があるわけではなく、内装の印象は寺に近かった。

うーん古民家

あしたばスコーン+アイスコーヒーで回復。ふたたび陸路へ

島の南側はこういった景色が延々と続く。

5/2 17:30 コテージK2

そんなこんなで島の南半分を漕ぎきり、コテージK2に到着。

いわゆる専用部屋ではない「ゲストハウス」で、飯無し4,000円。

近くにコンビニは無いので買ってから向かわないと私みたいに無駄に往復することになる。

荷物を宿に置いて再び市街地へ。

空気が綺麗なのと島民は喫煙者が多いのでいたるところに灰皿があって、旅人スモーカーにとってはなかなか散策が捗るのでこれは良かった。

閉店前で安くなってたコロッケパンを購入。こいついつもパンばっか食ってんな

八丈島の食品に関する4大産業として、塩、焼酎(青ヶ島)、明日葉、くさやがあります。

明日葉に関しては現地の加工工場によって生産されたものがそのまま焼酎の明日葉茶割りや、明日葉塩、明日葉を使ったスイーツ等の形で地産地消され、また輸出によって収入源となっているらしい。

味は…ほうれんそうとか葉物系の甘みのある青汁(ただし苦味はない)といった感じ。

宿に戻り、そのまま……寝た。

5/3 9:00 底土港

早起きしてレンタサイクル店まで自転車を漕ぎ、無事生きて帰った事を報告して底土港へ。

5/3 9:30 橘丸

船に乗る。

5/3 21:00 浜松町

現着。お疲れ様でした。

旅行で使ったお金

意外と安く上がった

・旅券

往復12,500円(優待券の費用含む)

・宿代

4,000円(1泊、飯無し)

・レンタサイクル

2,100円(24Hレンタル)

・温泉

500円(みはらしの湯)

・食費

2,000円前後

計21,000円くらい。

暇な一人旅に離島、どうでしょう?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする