自宅サーバーをDDNSで動的IPでも事故らないようにする

このブログも自宅サーバー上で動いていて、たま~にIPアドレスが変わった時に死にます(しかも気付かないとか外出とかで操作できないタイミングに限って気付く)。

なので、今更ながらDDNSを導入する。

提供サービスの検討

私がドメイン取得に使っているサービスはお名前.comとムームードメインだが、いずれもDNS更新をAPIに出来るような便利機能を提供していない(お名前.comは提供しているが使い勝手▲)

固定IPは高額になるのでDDNSサービスを探す。

無料~年間5,000円未満で色々物色するも、Biglobeのように自動更新機能を廃止したり、無料版は広告掲載居が必要となる等の制約がどうもきになる。

……とここまで書いて、MyDNS.jpが実績や用途ともに最適そうなので利用することにする。

MyDNS.jpの設定

新規登録後、子アカウントの発行(?)を行って設定したいドメインの数だけID:PWをもって、次のようなスクリプトを書く

hoge.sh

wget -O - 'https://userid:password@www.mydns.jp/login.html' > /dev/null
使いたいアカウントの数だけ書く

crontabに次のように記述して30分ごとに通知

30 * * * * /home/user/scripts/mydns.sh

MyDNS.jpで該当アカウントでログインして、crontab設定したサーバーのグローバルIPアドレスがちゃんと振られていればOK。

アカウントごとにDNSレコードを設定後、適当なタイミングでドメインレジストラの管理画面からネームサーバーを以下の3つを設定して、完了。

ns0.mydns.jp
ns1.mydns.jp
ns2.mydns.jp

設定方法は変更される可能性が高いので、ちゃんと公式HPやメールは監視する。

しっかり動くことを確認しましたらDonationして安定維持に貢献しましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする